読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

inunohi

あおすま/遠野の同人プロジェクト「戌の日」のブログ。映画を見たり絵を描いたり本を読んだり。

2015年1月の鑑賞記録

2015/1/2(fri)
(映画1)仁義なき戦い 広島死闘編
暴力描写の生々しさ、泥臭さ。
キャラクターの名前と顔が1回の視聴で覚え切れず堪能できなかったので、もう一度見ます。
→3回くらい見た やっぱ軽妙さとシリアスの兼ね合いがすごい絶妙だなぁ。犬…(笑)

2015/1/4(mon)
ショーン・アスティンの可愛さ!!雀斑兄弟よかった。余談だけどもう一度指輪を全通ししてみたくなりました。
マウスのキャラが最高すぎて、ステファニーとの距離感も可愛くて。話の筋的にはバキィッとソリッドなストロングスタイルのファミリー娯楽作品で良かったです。関係ないけどフラテリス聴こう。

2015/1/8(thu)
(映画3)アイアンマン
ザ!娯楽映画。ワクワクドキドキに個性的なキャラクター。笑いとカタルシス。爆破と空中戦。
事件の展開の描き方がスタイリッシュで、トニーの心境が変わる経緯も説得力があってすごいなーと。
チーズバーガー食べたくなった。

2015/1/10(sat)
(映画4)グリーンランタン
主人公が簡単に素性をバラしすぎるという前情報が本当で吹きました…。
敵役のあいつがひたすら哀れで後味悪かった。
『この人は何としても助けるべき/あの人は助けられないけど仕方ない』『このダメージでこいつは死ぬ/これはこいつには無効』とかの、
当たり判定的な部分に筋が通ってると感じられなくてそれが一番入り込めない理由だったかな…。

2015/1/11(sun)
猫のマスクに美しい顔を隠した女性がしなやかなキャットファイト、というのはそれだけで飛び道具でいいなぁ。
フェチ的な部分で面白い絵が幾つかあって、そこは好きです。
アクションもゴム人間みたいなCGパートはさておき、生身のダブルさんたちのアクトは良かった〜〜かっこよい。
敵役にアレだけの女優さんを連れて来といてあの終わり方は残念ですわ…。

2015年1月24日(sat)
(映画6)ベイマックス
劇場で観ました。最高でした。
キャラクター動きまくりで!!画面の端々まで迸る熱量!!!
サンフランソウキョウをヒロとベイマックスが飛ぶシーンがアツすぎて涙出ました。何度でも劇場で観たいです。お金と時間の許す限り…!

2015年1月27日(tue)
(映画7)ガーディアンズ オブ ギャラクシー
へっぽこあぶれ者系ヒーローたちが可愛かった。何だろう…コメディタッチで描かれてるのにこの…緑のランタンとの差は…。カタルシスがありました。
ガーディアンズ可愛さ番付での個人的横綱はアライグマでも木でもなくマッチョ。一番アツくて込み上げたシーンは母星を守るために一般のモブ兵士たちが自機でフィールドを張るとこ。こういうのに弱いです。

人の輪の中にあっての心の置き場所のなさとか孤独の描き方とか、
生々しくて胸がスカスカヒューヒューしました。
辛かったけど、アデルに同調して共に歩くような気持ち、どこか同志を見付けたような感覚を覚えました。良い映画に出会えた。